◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
冷え性(冷え症)を改善する食事、対策
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


冷え性は身体の特定の部分が冷えて不快に感じられる症状が半年以上続くことを言います。
冷え症と表現することもあります。
冷え性(冷え症)を改善するためには、食事は重要です。
過剰な栄養はエネルギーが余るので、悪玉コレステロールとなります。
コレステロールは、皮下脂肪として蓄積されるだけでなく、血管内にも蓄積し、血流を妨げます。
その結果、冷え性(冷え症)を誘発します。
さらに、常にエネルギーが余っている状態だと、基礎代謝が落ちて、身体が冷えてしまいます。
冷え性(冷え症)を改善するための食事の量は腹八分目です。

身体を冷やす食べ物には、冷たい飲み物、冷たい食べ物のほかに、白砂糖、白米、白いパン、季節外れの野菜、果物などです。
冷え性の対策としては、食事が効果的です。
食品のなかにも、身体を冷やすものと温めるものがあります。
夏にできるもの、暖かい土地にできるものは冷やす食品が多いです。
冬にできるもの、寒い土地にできるものは暖める食品が多いです。
さらに旬の食品をとるのが好ましいです。

身体を冷やす食べ物や身体を温める食べ物だけでなく、暖める効果も冷やす効果も少ない、身体に影響が少ない食べ物があります。それらの食品を中心にとるのがよいです。
身体を冷やす食べ物は調理により、身体を冷やす効果を減らします。
一般的な調理法が、身体を冷やす効果を減らす方法の場合もあります。
例えば、なすは油でいためたり、味噌と一緒に料理します。
白菜は湯どおしします。
食品を調理して冷え性の対策をします。

飲み物にも身体を冷やすものと暖めるものがあります。
緑茶は身体を冷やし、ウーロン茶、紅茶は身体を温めると言われています。当然、身体を温めるためにはホットでいただきます。
香辛料も身体を温める役目があります。
日常生活の習慣でも冷え症に対策できます。
運動により、身体を温めたり、半身浴などで身体を温めることができます。
冷え性は身体が冷えて、寒く感じるわけではなく、
寒さを感じにくい結果、知らない間に身体が冷えてしまう
こともあるので、敏感に寒さに気づいて、
身体が冷えそうなときはいち早く厚着をするなどの
対策をする必要があります。

末端冷え性といって、手足の末端が冷えて、夏でも靴下をはかないと温まらないという人もいます。
末端冷え症の人は手足まで十分に血液がめぐっていないために常に冷えの悩みを抱えています。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)冷え性(冷え症)を改善する食事、対策