◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
冷え性(冷え症)を改善する食事、対策
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


全国冷え性研究所で対策グッズなどを販売しています。
全国冷え症研究所といっても。本当に全国にあるわけではなさそうです。

冷え性と表記した場合は、身体が冷えやすい体質のことを意識した言葉ですが、冷え症と表記する場合は
身体の末梢の血管が収縮するなどして、血液の循環が滞る症候てあるという、身体の病的な変化に着目した言葉です。
西洋医学では、冷え性(冷え症)の治療法は未だ確立しておらず、血行改善のためにビタミン剤を処方する程度です。
東洋医学では、病は身体の冷えにより引き起こされると考えられていて、冷え性(冷え症)を解消するためのさまざまなノウハウが存在します。
冷え性(冷え症)については東洋医学の最も得意とする分野で、漢方薬など身体を温める方法が豊富です。
漢方やツボなど東洋医学で解消できることがあります。

真夏なのに手足が冷たい、下痢、便秘に頻繁になる月経痛があるなど冷え性の症状は身体のいたるところに現れる可能性があります。
冷えの原因は、血行不良のほかに、体内の水分バランスが崩れたり、内臓の不調やホルモンバランスの異常の場合もあります。
東洋医学では、気、血、水のバランスが崩れると病気になると考えられています。
冷え性(冷え症)の症状は身体が冷えるだけではありません。
逆に熱く感じることもあります。
冷えている部分に気づいていなくて、冷えていない部分が逆に暖かく感じたり、冷えすぎたせいで発熱して熱く感じたりします。
身体を冷やすだけでなく、食べ物も冷え性の原因になります。
冷え性の症状の出方には、おおまかに2種類あります。
暑さ、寒さに弱く、頻尿、下痢、月経不順などが出るタイプと、暑さ、寒さには強く、頭痛、肩こりなどの症状がでるタイプがあります。
冷え性の場合、寒さに敏感なわけではなく、鈍感で、自律神経の働きが乱れている場合が多いです。
自律神経が乱れ、うまく体温調節できない上に、冷えていることに気づかず症状が悪化します。
身体を温めて、水分の取り過ぎに注意し、ストレスを解消することで自律神経の働きを正常に戻し、冷えを解消します。
病院でも、冷え症改善のために冷え症外来があるところもあります。

i-mobile

前半を読む
PC版で見る
(C)冷え性(冷え症)を改善する食事、対策